第3回布施えびすバルがいよいよ始まるというお話

第2回布施えびすバル

ここ数年、流行りつつある「まちなかバル」。

そもそもバルとはなんですのん?(古)とお思いの方もおられるのではないかということで、まずそこからご説明いたします。

ちなみにバルの綴りは「BAR」と書きます。

これってクラシックが流れる薄暗い照明の中で葉巻を吸った大人のおじさまや真っ赤なドレスを着た大人のボンキュッボンのお姉さまたちがお酒をたしなむ「バー」じゃないの?って思う方がほとんどだと思いますが、それは「BAR」の英語読みであって、スペイン語では「バル」と読みます。

ただ読み方が違うだけじゃなくて、意味もほんのりと違います。

スペイン人の多くは仕事が終わった夕方、家にすぐ帰るということはせずに、ふらっと飲んで軽食をするというのを何軒かはしごして繰り返し、その後22時頃ぐらいに帰宅してから夕食を食べます。

この「ふらっと飲んで軽食をし、それを何軒かはしごする」というのがバルです。

「普段あのお店気になってるんだけど、入りづらいなー」

「あそこのお店高そうだけど、どんなメニューがあるのかなー」

「店員の女の子が可愛いけど、恥ずかしくて入れない!」

そんな皆々様のきっかけを作るのがこのバルです!

(詳しくはこちらをご覧ください。→バルってなーに?

そんなまちなかバルの一つ「第2回布施えびすバル」のSNS担当としてお仕事してきました。

なにをしたのか簡単にまとめると、fbページtwitterなどの情報発信..

「え?それだけ?」とか思った人たち、ちょっと放課後トイレのうr(ry..

ちなみにこんなのです↓

布施えびすバルSNS情報

他にはバル当日に「バルバス」っていうバル開催範囲を走ってた無料バスの中で放送するスライドショーの映像作りやJCOMのケーブルテレビの取材にも出ました↓(左が欽ちゃん、右が僕)

ケーブルテレビ取材

文字にすると簡単なんやけど、もろもろしないといけないことがあって、特に当日はかーなりたいへんでした。

朝の10時前から夜23時までひたすらtwitterで情報発信、そして事前にLINEで参加店舗さん、バルサポさんとの情報共有..

白目

あ、バルサポさんってのはバルを手伝ってくれる学生さんや地域の方々のサポーターさんのことで、こんなチラシも作らせてもらいました。

バルサポ募集フライヤー

くたくたで終わった時には僕を含め、スタッフの皆さん白目になっていましたが、友だちも来てくれて、なによりこの普段見慣れた地域でみんなが楽しんでるのがいいなーと思いました。

布施えびすバルのキャッチフレーズ、「食べて、飲んで、えびす顔!」その言葉通りの楽しいイベントでした。

そしてそんな楽しいイベントが..ついに今年も開催決定です!

2015年10月17日(土)、みんなで遊びにきてください!

そして本部にいるPCカタカタしてる僕に会いに来て、差し入れ持ってきてくだs(ry←

詳しくはfbページ、もしくはtwitterでご確認ください(告知)

SNSでもご購読できます。

コメントを残す


認証コード * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.