【DIY】腕時計のベルトを百均の商品を使って調整してみた!

腕時計修理ダイソー

1年半ぐらい前に一目惚れして海外で購入した腕時計。しかしいざ帰国してつけてみると、ベルトの長さが合わなくてずっと机の引き出しに眠っていたので、いよいよどうにかしてみることにしました。
 

・腕時計のベルトを修理するには?

腕時計修理

確実なのは大型スーパーに入ってる時計屋さんに「ベルト調整してくださーい」って持込すること。
腕時計を購入した店舗やそのメーカーではないお店でも修理してくれます。

腕時計を購入したお店だと無料とからしいんですが、その他の上記に記載したようなお店だと、だいたい500円〜1,500円ぐらいかかります。

いや、なんか高くない?

てことで、今回は身近に購入できるモノでDIYしてみました。

・自分で修理するには?

腕時計修理ダイソー

とりあえず用意するモノ
○ 腕時計 調整工具 セット2(ダイソー) 300円(税抜)
○ トンカチ
○ ペンチ

裏面の注意書きにもあるとおり、高級時計やダイバー時計には利用しないようにしてください。自分で修理して動かなくなった、傷がついてしまった..はよくあるお話。

ダイソー腕時計修理

てことで進めていきます。
まず、腕時計をこのように固定。

ダイソー腕時計修理1

その固定する時ですが、腕時計のベルトの裏の矢印が下になるようにしてください。

ダイソー腕時計修理8

ここで僕はミスったのですが、矢印のある部分を調整します。
なにも見ずにしたら僕の腕時計みたいに金具の片側だけ短くなっちゃいます。笑

それでその矢印の側面に丸い部分があるので、そこに針が当たるように固定。

ダイソー腕時計修理2

あとは左に右にぐりぐりしてると反対側から丸いところに刺さってたネジが取れます。

ダイソー腕時計修理4

そしてそれをペンチで引っこ抜く!
指では抜けないのでペンチが必要です。

ただ、引っこ抜くというよりはペンチで左に右にぐりぐり回し続けると、取れます(根気大事)

ダイソー腕時計修理5

この同じ手順を今外したベルトのもう片側も行なうと、このように外れます。

ダイソー腕時計修理6

あとはこれをもう一度連結するだけ..
これが一番たいへん。

このように固定してトンカチでトントンするんですが、気づくと下のところに斜めに入ってたり..。

ダイソー腕時計修理7

そこを気にかけながらトントンしてると最後2mmぐらい入りにくいんですが、それを乗り切ると案外すぐ入ります。

これで完成!

ダイソー腕時計修理9

この記事の感想

com-last

自分でする以上、自己責任であくまで参考までに。
でもこんなに簡単にできるならそんなに調整する機会はなくても試してみる価値アリですね!

SNSでもご購読できます。

コメントを残す


認証コード * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.