iPhone6s購入者必見!故障や水没の保証は入るべき?AppleCare+編

AppleCare

iPhone6s / 6sPlusが発売となり、続々と手に入れた人も多いはず。そこで早速画面を割る人も出ている(まだの人はこちらから「iPhone6s発売!購入当日に割った猛者たちまとめ」)ので、万が一買った矢先に「落として画面が..」「水没しちゃった..」となった場合のことを考え、Appleや各キャリアの保証サービスに加入するべきかをまとめてみました。
 

※この記事は過去記事ですが、iPhone SEにも参考となる記事となっております。

AppleCare+ for iPhone

applecare+1

まずは、AppleからiPhone6s / 6s Plusを直接購入した方も、各キャリア(Softbank、au、docomo)から購入した方も加入できるサービス「AppleCare+ for iPhone」(価格:15,984円(税込)(6s / 6sPlusの場合))。

上記の画像にも記載してあるように「すべてのiPhoneには、製品購入後1年間のハードウェア製品限定保証と90日間の無償電話サポートがついている。」ので、この保証に入らずとも、1年間の保証と、なにかiPhoneについて、わからないことがあれば、90日間であれば、Appleに電話で聞くことが可能です。

しかし、皆さんiPhoneとかその他のスマホでもどれぐらい使用しますか?
そう、最低でもキャリア(携帯会社)分割で機種を支払うのであれば、大半の方が2年間ですよね。

そこで、この「AppleCare+ for iPhone」に加入すると、iPhoneの購入から2年間と、通常より1年間保証期間が延び、サポートも2年間と、通常より640日も伸び、1回につき、1万2,744円(税込)を払えば、最大2回まで修理してもらえるというサービス!

ただ、このサービスに加入したからといって、画面が壊れたから無料で直してくれる..わけではなく、このサービスに加入していた方が通常より安く、修理が可能になります。

どれぐらい安いかというのをまとめてみました。

○ iPhone6sの場合

修理箇所 AppleCare+ for iPhoneに加入している場合 AppleCare+ for iPhoneに加入していない場合
画面修理(1回目) 2万8,728円(初回(1万2,744円)+加入料金(1万5,984円))(税込) 1万5,984円(税込)
画面修理(2回目) 4万1,472円(初回(1万2,744円)+2回(1万2,744円)+加入料金(1万5,984円))(税込) 3万1,968円(1万5,984円×2回分)(税込)
本体修理(1回目) 2万8,728円(初回(1万2,744円)+加入料金(1万5,984円))(税込) 3万7,584円(税込)
本体修理(2回目) 4万1,472円(初回(1万2,744円)+2回(1万2,744円)+加入料金(1万5,984円))(税込) 7万5,168円(3万7,584円×2回分)(税込)
バッテリー修理 1万5,984円(加入料金(1万5,984円))(税込) 1万152円(税込)

○ iPhone6s Plusの場合

修理箇所 AppleCare+ for iPhoneに加入している場合 AppleCare+ for iPhoneに加入していない場合
画面修理(1回目) 2万8,728円(初回(1万2,744円)+加入料金(1万5,984円))(税込) 1万8,144円(税込)
画面修理(2回目) 4万1,472円(初回(1万2,744円)+2回(1万2,744円)+加入料金(1万5,984円))(税込) 3万6,288円(1万8,144円×2回分)(税込)
本体修理(1回目) 2万8,728円(初回(1万2,744円)+加入料金(1万5,984円))(税込) 4万1,904円(税込)
本体修理(2回目) 4万1,472円(初回(1万2,744円)+2回(1万2,744円)+加入料金(1万5,984円))(税込) 8万3,808円(4万1,904円×2回分)(税込)
バッテリー修理 1万5,984円(加入料金(1万5,984円))(税込) 1万152円(税込)

少し表がわかりにくいと思うので、補足しますね。
「AppleCare+ for iPhoneに加入している場合」は、加入した料金1万5,984円を足した価格を記載しており、加入する場合と加入しない場合、サービスを受けたトータルでどれだけの費用がかかるかを明記しています。詳しくは()の中の内訳を参照してください。

てことで、表をご覧になるとおわかりいただけるかと思いますが、iPhone6s / 6s Plusともに、画面修理を2度することがあったとしても、AppleCare+ for iPhoneに加入しない方が安くつきます
また、バッテリー修理(実質バッテリーの新品と交換のサービス)に関しても加入しない方が安い。

ただ「iPhone本体が水没して動かない」「落として操作できなくなった」「画面だけでなく本体の一部も損壊している」といった、画面を直すだけではどうしようもない場合、本体の修理となるので、そんな場合のみ、AppleCare+ for iPhoneに加入していると、加入していない場合に比べて、安くなります。※ただし、紛失・盗難は保証されません

これだけ見ると、そんなに加入する必要ないのでは..と思うのですが、加入していると良い点は、修理する必要がある時に預かり修理ではなく、整備品(故障や不具合があったiPhoneを直した製品)の新品と交換してもらえる可能性があること、AppleStore(アップルストア)に忙しい中、足を運ばなくても「エクスプレス交換サービス」という、自宅にいながら交換のiPhoneを受け取り、修理するiPhoneを送り返すサービスが適用されたりと、修理する必要がある時に手厚い特典があります。

以上のことを踏まえて考えると、画面を割るだけのおっちょこちょいな人やバッテリー(電池)交換をお考えの人は加入しなくても大丈夫!

でもそれ以上に、iPhoneの本体や中身そのものを壊しちゃうようなデストロイヤーの人は加入すべき!

・AppleCare+ for iPhoneの申し込み、支払い方法は?

applecareforiphone+2
Appleから直接iPhone6s / 6s Plusを購入して、AppleCare+ for iPhoneに加入する場合は、購入時に申し込み、また一括払いです。ただ、各キャリア(携帯会社)からiPhone6s / 6s Plusを契約し、AppleCare+ for iPhoneに加入する場合は、携帯会社で申し込み、一括支払いではなく、24回の分割払いとなります。

・それ以外の各キャリアの保証サービスは?

softbankxauxdocomo

じゃあ、各キャリアの保証サービスは?それは次のページでご紹介いたします。
(詳しくはこちらから「iPhone6s購入者必見!故障や水没の保証は入るべき?各キャリアサポート編」)

SNSでもご購読できます。

コメントを残す


認証コード * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.