自炊したPDFをiPhone/iPadで本として読む方法

sidebooks-icon

iPhoneやiPadでPDFファイルを見たい!と思ってもほとんどが有料アプリですよね。

しかし、無料でぬるぬると見ることが可能なアプリ「SideBooks」をご紹介したいと思います。

さまざまな機能があるのですが、本として読むには以下の項目

・PDF,ZIP,CBZ,RAR,CBR形式のファイルに対応

・閲覧方向:右開き / 左開きから選択(右から、左から読むの設定)

・しおり機能

・読書時ステータスバーの表示 / 非表示(ボタンが邪魔で文字見えない!ってのが無いです。)

ある程度のファイル形式のモノは閲覧でき、右開き、左開きと本によってボタン1つで設定を変更できます。また「続きを読みたい」という時はしおりを挟み、アプリ内の設置してあるボタンなどが邪魔で本が見えない!ってこともないので、違和感なくサクサク読むことが可能です。

 

容量は200MBぐらいまで可能。

秘密のファイルもパスワード付きにできるため、プライバシー的な面も大丈夫ですね。

 

今回はiPhone/iPadからPDFを閲覧する簡単な方法をご紹介します。

(1)iTunesからiPhone/iPadにPDFファイルをコピーする

PCにiPhone/iPadをつなぐ→「iTunes」を開く→サイドバーの設定にある「App」をクリック

sp-app1

「App」を選択してから下へスクロールして「ファイル共有」→「ファイル共有」の「App」の一覧の中にある「SideBooks」をクリック

sb-app3

右側に「SideBooks」の一覧のリストが表示される→閲覧したいPDFを一覧のリストにドラッグ&ドロップ→一覧のリストにPDFのファイル名が表示されれば同期完了!

sb-app6

sb-app7

ここまできたらiPhone/iPad内の「SideBooks」のアプリを開いてみてください。

開いてすぐのページの本棚に先ほどiTunesから入れたPDFのファイルが表示されているはずです。(もし、表示されない場合は、ホームボタンを素早く2度押し→横にスクロールして「SideBooks」のアプリの画面のところを探す→「SideBooks」の画面を押しながら上にスクロール、この作業の後、「SideBooks」を開いてみてください。)

sb1

 

(2)Dropboxに同期してあるPDFファイルを読み取る

「SideBooks」のアプリを開く→下のタブの真ん中にある「Dropbox」を選択→ログイン画面でログインする→認証を許可→開きたいPDFファイルを選択

sb2db-logindb-login1

この2つのパターンで「SideBooks」でPDFファイルを閲覧することが可能です。

(1)では事前にiTunesで同期しておく必要が、(2)ではDropboxにファイルをアップロードする必要がありますが、PDFファイルをそのまま閲覧することができないiPhoneには結構便利なアプリではないでしょうか。

 

ちなみに閲覧の方法ですが、閲覧したいPDFファイルをタッチ、画面左下の「左←右」をクリックすると、左開きか右開きかを選択。

lr

ファイルの真ん中にタッチすると、メニューが消え、またタッチすると表示されます。

 

そして、読み進めるには左開きなら右にスクロール、右開きなら左にスクロールすることで閲覧可能です。

l-r

通勤や通学のちょっとした合間に「あーあのプレゼン資料確認しとこう」「今日のテストのプリント見直そう」「自炊した本を読めたらなあ」そんなことを可能にするアプリ」SideBooks」。

ぜひ一度試してみてくださいね。

 

SNSでもご購読できます。

コメントを残す


認証コード * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.